ロンドン・大英博物館近くのカフェ「Tea&Tattle」でアフタヌーンティー

大英博物館




こんにちは、志桜里です!

ロンドンの定番観光スポット「大英博物館(British Museum)」。館内にも軽食を取れるカフェがありますが、観光客でごった返していることがしばしば。

そんな時は大英博物館周辺のカフェで、アフタヌーンティーはいかがでしょうか?

大英博物館から歩いてすぐ、博物館でのワクワクが冷めないうちに腰を下ろせる隠れ家カフェ「Tea & Tattle(ティーアンドタトル)」をご紹介します。

大英博物館からアクセス良好!

数え切れないほどの博物館や美術館があるロンドンの中でも、観光客に大人気の大英博物館

ブリティッシュミュージアム

ヒエログリフ解読の鍵となった石碑や、ロゼッタストーンミイラなどを見に、毎日大勢の観光客が訪れています。(この博物館では本当に、英語以外の会話を耳にすることが多かったです。)

大英博物館の入館料無料

入口に、寄付金(ドネーション)を募っているボックスがあるので、お手持ちの小銭を寄付すると気持ちがいいですね。館内のマップは£1でもらえます。

そして今回ご紹介する「Tea & Tattle」は、大英博物館から徒歩1分。言葉通り目と鼻の先です。

ロンドンカフェ「Tea & Tattle」

大英博物館のカフェ

本屋さんの地下にあるというちょっと不思議なカフェ。白と黒で何だかスタイリッシュな外観です。

店内はそんなに広くないですが、とてもアンティークで落ち着く空間。壁に貼ってあるポスターには、漢字や日本語表記のものもありました!

アフタヌーンティーセットを注文

今回は、アフタヌーンティーのセットをいただきます。お値段は1人あたり£19〜。しっかりしたアフタヌーンティーにしてはとてもリーズナブルです。

大英博物館のカフェ

まずは、サンドイッチを。ここのサンドイッチメニューは多彩で、何と12種類から選ぶことができます。

私が注文したのは、Egg with Chivesという、卵とチャイブの葉が入ったもの。奥にある彼のサンドイッチは、Smoked Salmonでサーモンとチーズ、キュウリが入っていました。

さらに、紅茶も13種類から選ぶことができ、メニューの中には日本の煎茶(Sencha)まで!

大英博物館

そして、サンドイッチを食べ終わる頃、クロテッドクリームとラズベリージャムたっぷりのスコーンと、スイーツが乗ったケーキスタンドが運ばれてきます。

スイーツもお好みのものを選ぶことができ、私はイギリスの伝統菓子「ヴィクトリアサンド」を。他にも、チョコレートやレモン、キャロットケーキなどがありました。(彼のはレモンケーキ)

大英博物館の観光後に、ゆったりとしたティータイムを過ごせるのでおすすめです。大英博物館近くのカフェ「Tea&Tattle」へぜひお立ち寄りください。

 

もっと特別なアフタヌーンティーを楽しみたい方はこちら!

予約必須!ロンドンバスで観光しながら「アフタヌーンティー」をカジュアルに楽しもう!

2018.04.15

志桜里
更新情報はTwitterとLINEで配信中です!

友だち追加
Tea & Tattle
41 Great Russell St, London WC1B 3PE
アクセス:大英博物館の向かい
https://www.teaandtattle.com/tea-room