パステルピンクの「ペギーポーション」で至福のティータイム♡




次にロンドンに行ったら絶対に行きたい!って思っていたのが、スローンスクエアとヴィクトリアの間にある超絶ラブリーなカフェ”Peggy Porchen Cakes (ペギーポーション)”。

実は日本橋三越で開催された2017年の英国展にも出展していて、日本でも(イギリス好きの間では)名の知れたお店。

今回は滞在時間も少ないからと諦めかけてたのに、大晦日かつロンドン最終日の貴重な時間で とっても優しい彼が私の夢に付き合ってくれました…ありがとう!

お店は かわいいパステルピンク♡

交差点の角にあり、お店はとっても目を引くパステルピンク!クリスマスシーズンなので、デコレーションはクリスマス仕様。AM10:00頃到着しましたが、お店の前には行列ができていました。

並んでいる間に とってもフレンドリーで親切なスタッフさんが、店内席とテラス席の希望を聞きにきてくれます。この日はちょっと寒かったので、店内席を希望しました。

レイヤーケーキ&カップケーキを…

店内に入ると早速かわいいメニューが。店内中心にあるカウンターにも、日本ではなかなか見かけないような可愛いケーキがずらり!

Peggy Porschen Cakesの目玉メニューは、なんといってもレイヤーケーキとカップケーキ。「1つずつ頼もう」となったものの、レイヤーケーキを1つに決めきれず レイヤーケーキ2つとカップケーキ1つを注文しました。

店内をぐるりと見渡せばこんな感じ。女子の心をくすぐる超ラブリー空間。ピンクを基調にしたリースとツリーが クリスマスを彩ります。

ため息がでるほど、可愛い&絶品!

待つことと数分… テーブルに運ばれてきたケーキたちは 本当に絵本の挿絵でしかみたことのないような可愛らしさ。ほんっとに食べるのがもったいない!彼が頼んだカプチーノは 雪の結晶のラテアートになっていました。私はカモミールティーなのでアートは無し。

Lemon, Raspberry & Rose £6.75

即決したレイヤーケーキはこちら。レモン、ラズベリー&ローズのフレーバー。クリームは甘いんだけど、レモンの酸味とラズベリーの甘酸っぱさのおかげで 軽い口当たり。クリームならではのどっかりさはなく パクパク食べてしまいました!

Salted Caramel Cake £6.75

もうひとつは塩キャラメル。こちらはスポンジが上から バニラ・キャラメル・チョコの3層になっています。間のキャラメルクリームも トロトロ半生で濃厚!重ための甘さがお好きな方におすすめ。

Bejewelled Chocolate Cupcake £2.80

こちらはクリスマス仕様の限定カップケーキ。”bejewelled”は「宝石をちりばめた」という意味で キラキラの砂糖が輝くチョコケーキです。チョコクリームの美味しさに二人でびっくり!

甘いものが大好きな2人だけど レイヤーケーキのボリュームがすごくて 3つのケーキで限界。あとからお腹いっぱいのはずなのに しょっぱいもの欲しさにCrispsを食べました…。

オープンエアが好きな方は ぜひテラスへ!

ちなみに、テラス席もしっかりピンク!店内のウィンドウデコレーションも素敵で、どこの席でもペギーポーションの世界観を楽しむことができます。この日も12月末の寒〜い日でしたが、外の席を希望している方も多かったです。お天気がいい日はぜひお外で♡

2017年のティータイム納めがココだなんて、本当に幸せでした!観光に忙しくて時間がない!という方のためのテイクアウトメニューも豊富です。ぜひ観光の際に立ち寄ってみてくださいね。

Peggy Porshen Cakes
116 Ebury Street, Belgravia, London SW1W 9QQ
最寄り駅:Sloane Square駅(Circle, District線), Victoria駅(Circle, District, Victoria線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です